Skip to the content.

SNIA日本支部ユースケース分科会

ユースケース分科会について

SNIA日本支部は、これまで多くのストレージベンダーに⽀えられ活動してきました。 ⼀⽅で、ストレージの利⽤者や運⽤者の⽅々が技術交流を⾏う場が不⾜していました。
そこで、利⽤者や運⽤者の⽅々がストレージのユースケースや運⽤⽅法について意⾒交換・議論を行える場としてユースケース分科会を2021年7月に発足しました。 また、ストレージベンダーより新たな運⽤⽅法をご紹介頂き、分科会に参加の利⽤者・運⽤者の⽅々と意⾒交換が⾏える場としても有効活⽤を考えています。

活動内容

[過去の議論テーマ]

開催日 テーマ
2022/10/5 (予定) - ストレージのコミュニティの紹介(仮) (上原@コントリビュータ)
- ストレージのトレーニングの紹介(仮) (菊地@IIJ)
- 大学研究機関向けのクラウドのチェックリスト(仮) (吉田)
2022/9/7 - ストレージ技術を身につけるまで (佐藤@コントリビュータ)
- SNIA-J技術委員会でのストレージ初学者向けの取り組み紹介 (坂下@ヤフー)
- ストレージ管理者の育成方法のディスカッション (All)
2022/8/10 - 障害発生時の復旧までの対応について(ユーザ視点) (菊地@IIJ, 沼田, 上田@ヤフー)
- 障害発生時の復旧までの対応について(ベンダー視点) (岩田@TED, 武田@日立)
2022/7/6 - 一般的なストレージアレイとSoftware Defined Storage (菊地@IIJ)
2022/6/8 - 最近、購入・検討したストレージ製品/サービス紹介1 (沼田, 上田@ヤフー)
- 最近、購入・検討したストレージ製品/サービス紹介2 (吉田@NII)
- 最近、購入・検討したストレージ製品/サービス紹介3 (菊地@IIJ)
- 最近、購入・検討したストレージ製品/サービス紹介4 (坂下@ヤフー)
2022/5/11 - テープの運用をやめた理由 (菊地孝浩@株式会社インターネットイニシアティブ)
- テープの運用をやめる理由 (沼田晃希@ヤフー株式会社)
- テープ回り雑感 (吉田浩@国立情報学研究所)
2022/4/6 - Yahoo! JAPANのKubernetesでのステートフルアプリケーションへの取組み (西片悠人,坂下幸徳@ヤフー株式会社)
2022/3/9 - PCIe Gen 4 SSDを用いたNVMe/NVMe-oF性能測定とGPUDirect Storageの環境構築・性能測定結果 (上田尚人@キオクシア株式会社, 若林伴典@NTTコミュニケーションズ株式会社)
- 科学研究データの保管と解析におけるAmazon EBSの活用 (吉田浩@国立情報学研究所)
2022/2/9 - ヤフーのMulti AZ/Multi Regionの構成と運用体制 (沼田晃希@ヤフー株式会社)
- IIJでのストレージ監視の取り組み (菊地孝浩@株式会社インターネットイニシアティブ)
2022/1/12 - ストレージ管理の標準仕様の解説 (坂下幸徳@ヤフー株式会社)
2021/12/8 - メーカーで提供する監視機能 (岩田郁雄@東京エレクトロンデバイス株式会社)
- ストレージ管理者の育成方法に関するディスカッション
2021/11/10 - ストレージのデータ移行について (菊地孝浩@株式会社インターネットイニシアティブ)
- ストレージ監視UIと監視項目 (上田雅幸,沼田晃希@ヤフー株式会社)
2021/10/13 - 東京エレクトロンデバイス CN BU DC/SP/WebTech向けソリューション (岩田郁雄@東京エレクトロンデバイス株式会社)
- クラウド事業者向けソリューション紹介 (豊村理一郎@ネットアップ合同会社)
2021/9/1 - IIJのクラウドサービス紹介 (菊地孝浩@株式会社インターネットイニシアティブ)
- ヤフーのクラウドサービス紹介 (沼田晃希@ヤフー株式会社)
2021/7/16 キックオフ

運営体制 (2022年度)

会長 (Co-Chair)

副会長

参加方法

分科会会員

本分科会へ参加をご希望される方はSNIA日本支部: 入会案内をご参照のうえ、SNIA日本支部事務局(office@snia-j.org) までご連絡ください。

ユースケース分科会コントリビュータ

SNIA日本支部に入会されていない個人の方でも、ユースケース分科会コントリビュータとして、毎月開催の会合にご参加頂くことができます。 参加をご希望される方は、「ユースケース分科会コントリビュータ希望」と明記の上、SNIA日本支部事務局(office@snia-j.org)までご連絡ください。

ユースケース分科会コントリビュータとは

ユースケース分科会では、企業情報システム等においてストレージを利用・運用されている方々の様々な知見を持ち寄り議論することで分科会を盛り上げるべく、そのような方々がSNIA日本支部の会員外の方でもユースケース分科会の活動にご参加頂ける「ユースケース分科会コントリビュータ」を開始しました。 なお、ユースケース分科会コントリビュータについては、以下のポリシーにて運用します。 ユースケース分科会コントリビュータへの参加を希望される方はご一読ください。